スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蓼科山(Second attack)

登頂するべく連日で登山道入口にきた。

総括
二日連続で同じ山に登ることになるとは思いもしなかった。
ただただ、悔しさだけが残った前日となった。

当日朝の天気、曇り。
雨こそふってないものの、ややモヤがかかった感じだった。
不安を抱えながら、ここまで来たらという気持ちで昨日の地点を目指した。
自分たちの前に二組が先に出発した。
体に若干の疲労感が残るものの、三組目で自分たちも出発。

昨日登ったので、自分たちは早かった。あっという間に一番手になった。
昨日の雪で昨日のトレースもなくなっていた。
ほとんど、ノンストップで森林限界まで到達した。
自分でいうのも何だが、とてもいいペースで登った。

森林限界にきて、モヤがかって視界はないが風は昨日に比べたら雲泥の差であった。
視界はないが、雪、風がなかったので自分たちの足跡は確実に残ると思い
最悪の場合はそれを手がかりに下山すればいいと判断し、そのまま登頂アタックした。

DSC_0404.jpg
昨日、断念した地点を過ぎ緊張感を持って頂上を目指した。
二日間誰も登ってなかったので、雪に足が埋もれながら進んだ。
そして昨日断念したポイントからわずか5分たらずで登頂した。
昨日ここまで来ていたのかと複雑な気分になった。

頂上はモヤで景色は全くなし。とりあえず、写真をとって下山しようとカメラを用意していたら一瞬雲がなくなった。
DSC_0389.jpg
南八ヶ岳連峰が見えた。
DSC_0392.jpg
念願の登頂。
DSC_0396.jpg
頂上付近は氷柱とでも言うのか写真のようなものがいたるところにあった。異世界にでもいるような気分。
DSC_0408.jpg
帰りによった山小屋は屋根まで埋まっていた。

二日連続で攻めた甲斐があった。
一瞬雲がなくなったのは山の神のご褒美かな。
とても良い山だった。

コース
女神茶屋(7:00)→森林限界(8:30)→頂上(9:00→9:45)→女神茶屋(11:00)

帰りは走って降りた。4時間で往復。上出来です。
2012年3月18日(
スポンサーサイト

Trackback

Comment

いいですね
登山おもしろそうですね。
私もチャレンジしてみたいです。
  • 2012-03-20│11:48 |
  • ETSU URL│
  • [edit]
えつさん
えつさんの家の周りには魅力的な山がたくさんあるはず。
今度東北にも足を伸ばしてみたいな。
今度一緒に登りましょう。
  • 2012-03-20│20:59 |
  • ぶっち URL│
  • [edit]

Post a comment

Secret


アクセス数

プロフィール

ぶっち

Author:ぶっち
三十路山男

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
42459位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
1856位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。