スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雲仙普賢岳、国見岳、妙見岳

金曜日の最終飛行機で東京に戻れなかった。
ということで、今日登山して東京に戻ってきた。
今日登った山は1990年に噴火した雲仙普賢岳
今日の天気は曇りで午後から雨。
そこで午前中に登ってしまおうと駆け足で登った。

山データ
①普賢岳(長崎県)
標高 1359M
②国見岳(長崎県)
標高 1347M
③妙見岳(長崎県)
標高 1333M
体力 ★★☆☆☆
技術 ★★☆☆☆
景色 ★★★★☆

コース
仁田峠(9:50)→普賢岳(10:30→10:45)→国見岳(11:05→11:10)→妙見岳(11:30→11:35)→仁田峠(11:50)
標高差 262M
歩行距離 3.7Km

普賢岳10

総括
朝、8時に目が覚めて雨が降ってなかったのですぐに雲仙に向かった。
午後から雨が降る予報だったので、ロープウェイに乗って時間を稼ごうと計画していた。
そして、ロープウェイ乗り場に着くと動いてない。
看板があり、『本日は強風のため運転を見合わせています。』
確かに、車をおりたらすごい風だった。
悩んでいる時間もないので、とりあえず普賢岳までは歩いて登ろうと登山口に移動した。

出張で来ただけなので登山準備なんてない。
レインウェアもないし、スニーカーで服は軽装。
雨が降ったら終わり。タイムリミットは2時間。

看板では普賢岳まで片道1時間50分。
下りも入れると雨に遭うので小走りで登山開始した。

普賢岳03
登山道はこんな感じ。

そして、あっというまに登頂した。
ここまで40分しかかからなかった。
お昼には軽く下山できると思った。

普賢岳01
普賢岳頂上からは平成新山が見える。

普賢岳02
平成新山への道は立入り禁止になっている。まだ煙がモクモクとしていた。

天気もよくないせいか、頂上は人がいなかった。
写真をもっととりたかったけど、強風で立っていられなかった。
常に手をついていないととばされそうだった。

目的地にこれたことで満足して下山した。

普賢岳04
国見岳への分岐点が来た。
時間が予想よりかからなかったので国見岳も攻めてみることにした。
この国見岳、なかなか険しい道だった。

普賢岳07
登山道というか岩の道。よつんばいが基本姿勢だった。

普賢岳06
手を付きながらあっというまに登頂。
後ろには平成新山が見える。

普賢岳05
反対側には諫早湾の堤防も見える。

なかなか順調。
最後の妙見岳までまた走った。
ここは本来ロープウェイで上がってこれるところ。
普賢岳08
妙見岳頂上。

普賢岳09
運転してなかったロープウェイ。

下まで歩いて下山した。
2時間で3山攻めることができた。
風景も良くて大満足な登山になりました。

2012年4月21日(
スポンサーサイト

雲取山

まえから行きたかった山『雲取山』を攻めてきた。
この山は東京都の最高峰で一泊二日で行く人が多い。
日帰りで行きたい自分は前からためらっていた。

山データ
雲取山(東京都)
標高 2017M
体力 ★★★☆☆
技術 ★★☆☆☆
景色 ★★★★☆

コース
小袖乗越登山口(6:10)→七つ石小屋(8:10)→奥多摩小屋(9:40)→雲取山山頂(10:10→11:15)→奥多摩小屋(11:45→12:05)→小袖乗越登山口(14:20)
標高差 1317M 
歩行距離 20.4Km
くもとり6

総括
東京に住んでいながら、行けなかった山。
この山を日帰りで行くことにした。
先週の山登りも、雲取山を意識して一日でどれだけ歩けるか試した登山だった。
当初、7日(土)に予定していたが、天気のよい8日(日)に変更した。
前日、深夜に家を出発して5時半くらいには登山口についた。
この辺りは、前日雪が降ったようでうっすらと白くなったいた。

寝不足のせいか体が重く、たどりつけるか心配になった。
登山口から2時間くらいは単調でゆるやかな道を歩く。
この単調さが体に効いてくる。

七つ石小屋周辺から、道がかわってくる。
この辺りにくると、前日山小屋に宿泊した人が下山してくる。
20人くらいはすれ違ったと思う。

道は開けた感じの道を歩いていく。風景がいいので疲れもなくなる。

そんなこんなで頂上についた。
感想、意外とあっけなかった。
4時間たらずで登れてしまい、こんなことなら前から気軽にこれる山だったと。
くも5
登ってきた道。

くも4
頂上付近は雪がまだ残っている。
だけど今回の登山ではアイゼンは使用しなかった。

くも1
雲取山頂上の看板と富士山のコラボ。(ここは埼玉県)

くも2
頂上からは南アルプスが見える。

くも3
こっちは東京都。

こんなに天気のいい山登りは久しぶりだった。
日光の暖かい日差しと春の空気がとてもよかった。
また次の大きな山を攻めたくなった。

2012年4月8日(

鍋割山、塔ノ岳、丹沢山

先週は長崎出張で山に行けなかったので今週は無理して3山アタックに挑戦してきた。
『鍋割山→塔ノ岳→丹沢山』の縦走。

山データ
①鍋割山(神奈川県)
標高 1272M
②塔ノ岳(神奈川県)
標高 1491M
③丹沢山(神奈川県)
標高 1567M
体力 ★★★★☆
技術 ★★☆☆☆
景色 ★★☆☆☆ ※くもり

コース
大倉バス停(7:10)→鍋割山(9:30→9:40)→塔ノ岳(10:30→10:40)→丹沢山(11:40→12:15)→塔ノ岳(13:05)→大倉バス停(15:00)
標高差 1257M
歩行距離 21.6Km

4017.jpg

総括
今週は埼玉に行こうか、神奈川にしようか迷ったあげく、天気のいい神奈川を選択。
神奈川の山、塔ノ岳は2月に行ったばかりだったけど、周辺の鍋割山と丹沢山を攻めるため今回選んだ。

天気が良くて選んだ神奈川だったけど、結局曇りだった。
おかげで富士山もうっすらとしか見えなかった。

4011.jpg
鍋割山では、鍋割うどんを食べたかったけど、今日の計画ではゆっくりしている暇もないのですぐに塔ノ岳に向かった。

4013.jpg
そして2回目の塔ノ岳
4014.jpg
塔ノ岳より丹沢山を展望(写真の一番高い山)
4015.jpg
ここまでまったく雪がなかったけど、塔ノ岳、丹沢山区間は雪がまだ残っていた。
4016.jpg
そして遠かった丹沢山山頂

とっても疲れた今回の山登りだった。
一日20Kmが限界だなー。

2012年4月1日 (

アクセス数

プロフィール

ぶっち

Author:ぶっち
三十路山男

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
57851位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
2407位
アクセスランキングを見る>>

ブロとも申請フォーム

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。